広島を中心に建築設計監理を行っている建築設計事務所・建築家、有限会社アルキプラス建築事務所

杭打ち工事
本日、杭打ち工事を行いました。 本日の杭打ち工事は、広島県の条例の規定によるものです。 崖地付近に建てる住宅は、    「崖地の高低差×1.7倍以上の水平距離を保つ。」 若しくは、  「崖に対して安全上支障がない処置をとる。」 という事が必要です。 そのために崖側の基礎にあたる部分に杭を打って頂きました。 作業員は2人だけなのですが、慣れた操作で次々と杭を打ち込んでいきました。 杭打ち0杭打ち2 そして、規定の深さまで杭打ちされている事も確認し、 無事工事を完了しました☆ 本日はありがとうございました。 人気blog
Menu Title