広島を中心に建築設計監理を行っている建築設計事務所・建築家、有限会社アルキプラス建築事務所

あいのすむ家

光と風を取り込むために・・


T型の平面形状で構成した平屋住宅

建設場所 徳島県板野郡藍住町
総工事費 1441万円 
構造規模 木造平屋建 
家族構成 夫婦
敷地面積 172.70㎡ 
建築面積  69.56㎡ 
延床面積  67.90㎡ 
完成年月 2010年05月


 設計にあたって

30年以上に出来た団地の一角に建つ平屋の住宅にお住まいのクライアントの悩みは、室内に陽が入らない・・・団地が出来た当初は周囲も平屋の住宅で充分に陽も入っていたが、団地内の建て替えが進むに連れて、2階建ての住宅が増え、陽が入りにくくなってしまった。リフォームか建て替えかいろいろと検討した結果、建て替えに至った。

建て替えにあたり、陽の光が充分に室内に入ることと風通しの良い住宅が望まれた。建て替えといっても敷地は以前と同じ、2階建てにするほどの部屋数も必要なく、平屋での計画を進める中でT字型の平面形状にたどり着いた。

陽の光を南面から取り込むために、南面に大きな開口を設けることで、南側隣地からの視線が気になる・・・・そこでT字型の脇の部分にウッドフェンスで囲われた中庭を設け、光と風が充分に入りリビングから中庭への開放感を生むとともに、視線をさえぎるプランとした。

平屋ならではの落ち着いた外観と内部のやわらかい感じはクライアントの人柄をあらわしている。

blog
施工:ASJ徳島北スタジオ(西野建設㈱)

 

 

Menu Title