広島を中心に建築設計監理を行っている建築設計事務所・建築家、有限会社アルキプラス建築事務所

工事開始
b16f7ef3.JPG ■いよいよ、明日から杭打機を設置し杭工事が始まります。  ということで、今日は敷地のレベルと、杭の位置の確認を行いました。  20数メートルの建物に対して、なんと40数メートルの杭を打ちます。凄いと思いませんか?  杭にも様々な種類がありますが、今回は敷地の特性、建築物の形状等から場所打ちコンクリート杭という種類の杭です。  この杭は支持層(地盤の硬い層のこと)まで杭を到達させる必要があり40数メートルという長さになります。 人気blogランキング
Menu Title