広島を中心に建築設計監理を行っている建築設計事務所・建築家、有限会社アルキプラス建築事務所

配筋検査~ユニット鉄筋~

配筋検査を行いました。

この現場では、立上がり部に評定取得の溶接したユニット鉄筋を使いました。
立上がり部分は綺麗に並んでいるものの人通口や段差部分については結局追加の鉄筋が必要でした。

写真奥の密な配筋部分は大きなスパンで基礎を構成しているために100mmピッチでの配筋です。

CIMG3348

Menu Title