広島を中心に建築設計監理を行っている建築設計事務所・建築家、有限会社アルキプラス建築事務所

コンビニ戦争 PartⅠ
 事務所の下にはポプラがあり、その向かいにはセブンイレブンがあります。昼間はお弁当を買いにくるサラリーマンや学生、現場の職人さん達でどちらもいっぱいです。しかし、お客さんの数は圧倒的にセブンの勝っているようです。それは、なぜなのか?ちょっと、いろんな視点で比較してみようと思います。  まず、シリーズ第1弾は店舗の「レイアウト」についてです。  決定的な違いは雑誌売り場のように思います。セブンの場合は、コンビニによくあるパターンですが外部から良く見える場所に雑誌が置いてあります。コンビニができた当初はコンビニでは雑誌が売れないと考えられてたらしく、納品してもらうのに苦労されたそうです。その為とコンビニでも雑誌が買えると認知してもらう為に窓際に並べてあるそうです。しかし、そのおかげで外から見て常に立読みしているお客さんが目につくので、人がいると認識でき、店内に入りやすく感じます。  一方、ポプラはテナントの形上、致し方ないのですが角は室外機置場になり入口が2ヶ所になってて、雑誌売り場は一方の入口を入ってすぐではあるのですが、外からは認識しずらいですし、雑誌は立てかけてディスプレイしているのではなく、平面的に置かれていて、手に取りにくい感じがします。やはり、セブンとは対称的に入りづらく、入っても立読みもしづらいので、店内にいる時間も短くなる気がします。  時間がある時にPartⅡに続きます。

2 Comments

  1. makoto kariya
    2005年11月4日    

    SECRET: 0
    PASS:
    ですね。PartⅢぐらいでお弁当についてはふれようと思ってます。でも○ックは出店するのにそんなにお金が必要なんですか?FCオーナーも勇気いりますね。私ならそれだけお金を積むなら自分で飲食店を出したいとこですが。○ックも確か今期は100円バーガーのせいか?赤字らしいのでこれからFCオーナーになる人はたいへんかもですよ。

  2. 2005年11月3日    

    SECRET: 0
    PASS:
    やっぱり、お弁当の質の問題が大きいのでは?
    ポプラは、あったかいご飯という点では、良い
    と思いますが・・・
    コンビニもそうですが、ハンバ-ガ-屋さん
    の○ックも、わざと別のハンバ-ガ-屋の近く
    に作り、潰しにかかります。
    ○ックは、聞くところによるとフランチャイズで
    店を出すのに1億円が必要とか。絶対に潰れない
    自身があり、また、FCオ-ナ-のステイタスみたい
    なところがあります。また、○ックの社長いわく、
    私達は、不動産屋ですとのこと。
    要は、○ックが土地を購入し、
    土地代は、FCオ-ナ-から賃料としてもらいます。
    潰れない限り、FCオ-ナ-が土地代の支払いを完済
    してくれるということです。
    それで、世界の一等地にマックの土地がどんどん増える
    訳です。建築から外れた余談ですが・・・

Menu Title